NEWS

ちょこっとHula のお話⑪

第11回目は、”Mauna Kea "のお話です。

Mauna Kea は、ハワイ島にある一番高い山。そして、ハワイのイメージとは真逆に雪が降ります。
オアフ島に住む私達にも、11月後半に入るとニュースで
Mauna Keaに雪が降りましたよ〜と聞くと、
いよいよハワイも”冬”の訪れを感じたりします。

Mauna kea は、ハワイ語で Mauna (山)、Kea(白)なので
直訳すると白い山になります。

Mauna kea-Kumulipo ( ハワイの創世記)では、Mauna ( 山)が誕生する所から始まり、天なる父 Wākea と 大地の母 Papahanaumoku, そして、宇宙の子宮と呼ばれる Papawalinu`u により、山々が誕生します。
その後、Wākeaが山の頂点に立ち、創造(命)の神Kāneにゆだね、Kāneによって、この場所に4人の女神が誕生したと言われています。

① Poliahu - 皆さんが良く知っている雪の女神
②Waiau - Mauna kea にある最も高地にある湖を守る女神
③Kahoupōkāne- Mauna kea, Mauna loa 、Hualalai の頂点を守る神(時にマウイ島のHaleakalāも守る神ともされています)
④Lilinoe - 霧雨の神

この4人の美しい姉妹、雪の女神達が Mauna kea を守っているとされ、またMauna kea は、別名 Mauna a Wākea (ワーケアの子供)とハワイアンの人々の間では呼ばれています。

さて、Mauna kea にはどのような花が咲くか
ご存知ですが?

ハワイ島、火の女神Peleが住む、Kilaueaには灰になった
溶岩の間から力強く伸びるOhia Lehuaがありますが、
Mauna keaには、Silverswordという細く先が尖った銀色のサボテンの様な植物が自生しています。ハワイ島特有の植物では無く、標高3000m以上の他の山でも見る事が出来ます。

メレを理解する事は、そのHulaを踊る為に必要不可欠であり、
また、衣装、装飾を選ぶ上でもとても大切です。

そして、特にコンペなどの際には、是非、メレの場所を訪れて
感じる事が大切だと思っています。
ハワイアンソングが歌われている場所は、その歌が作られた時代とは別の風景になっているかも知れませんが、そこに吹く風は、今も昔も変わることなく、吹いています・・・

話がそれてしまいましたが、
Mauna keaのお話、まだまだ色々な物語がありますが、
今日は、この辺で。

*画像のレイは、Ryoko Aoki さんの作品です。

*不定期ですが、時々Hulaの事、書いて行きたいと思います。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。