NEWS

洗濯について

パウスカートの洗濯方法をご紹介。
生地により、取り扱いが異なりますので参考になさって下さい。

Batik (バティック):
[洗濯について]
・洗濯のしかた:液温は40℃を限度とし、手洗いができる。
・漂白のしかた:塩素系及び酵素系漂白剤の使用禁止。
・乾燥のしかた:タンブル乾燥禁止。日陰のつり干しがよい。
・アイロンのかけかた:底面温度150℃を限度としてアイロン仕上げができる。
・クリーニングの種類:ドライクリーニング禁止。弱い操作によるウェットクリーニングができる。
[製品の取り扱いについて]
・この商品は、特殊な染料を使用しておりますので洗濯を繰り返す度に洗い晒しの色調、風合いが楽しめます。
・洗濯により色落ちします。単独にて洗濯をして下さい。
・着用時に発汗や摩擦で、他の衣類等に色移りする事がありますのでご注意下さい。
・紫外線や日光に長時間あたると、変色する可能性があります。洗濯後は裏返しにして陰干しし、保管にも注意して下さい。

Palaka(パラカ):
[洗濯について]
・洗濯のしかた:液温は40℃を限度とし、手洗いができる。
・漂白のしかた:塩素系及び酵素系漂白剤の使用禁止。
・乾燥のしかた:タンブル乾燥禁止。日陰のつり干しがよい。
・アイロンのかけかた:底面温度150℃を限度としてアイロン仕上げができる。アイロン時あて布使用。絞りは弱く。
・クリーニングの種類:石油系溶剤によるドライクリーニングができる。ウェットクリーニングができる。

Cotton(コットン):
[洗濯について]
・洗濯のしかた:液温は40℃を限度とし、手洗いができる。
・漂白のしかた:塩素系及び酵素系漂白剤の使用禁止。
・乾燥のしかた:タンブル乾燥禁止。日陰のつり干しがよい。
・アイロンのかけかた:底面温度150℃を限度としてアイロン仕上げができる。アイロン時あて布使用。絞りは弱く。
・クリーニングの種類:石油系溶剤によるドライクリーニングができる。ウェットクリーニングができる。

Poly Cotton (ポリエステル・コットン):
[洗濯について]
・洗濯のしかた:液温は40℃を限度とし、手洗いができる。
・漂白のしかた:塩素系及び酵素系漂白剤の使用禁止。
・乾燥のしかた:タンブル乾燥禁止。日陰のつり干しがよい。
・アイロンのかけかた:底面温度150℃を限度としてアイロン仕上げができる。アイロン時あて布使用。絞りは弱く。
・クリーニングの種類:石油系溶剤によるドライクリーニングができる。ウェットクリーニングができる。